2017.4.22(土)午後
第5回TOSS全国1000会場教え方セミナー

『子どもが熱中する社会科教え方講座』

 「社会って楽しい!」
子どもも教師もそんな風に思える授業の秘訣が満載です!!

 「社会の授業って、どうやって進めたらいいの?」
「これからの授業では、アクティブラーニングが大切って言われたけど、どんな授業をすればいいの?」
このような疑問に答えるのがこの講座です。社会の授業の仕方を学び、子どもが熱中する社会の授業をしましょう。
昨年度の参加者の感想
 資料集の掲示の仕方など、先生方の指示を具体的な言葉で教えて頂けて、とても充実した一日でした。どの授業もリズムやテンポがよく、子どもになったつもりで受けさせていただきました。資料から読み取って、気づいたこと・分かったことなどを発表することで、子どもたちの理解の足並みをそろえることの大切さを実感しました。ありがとうございました。

 今まで低学年しか担任したことがなく、今回初めて中学年を担任したので、社会の授業にとても不安がありました。来週から、本日の講座を参考にして、授業をしたいです。分かりやすい講座をありがとうございました。様々なやり方があり、すごく参考になりました。授業を楽しくするために、工夫できることはたくさんあると感じました。映像を見ていると、子どもたちが楽しく学ぶ様子がすごく伝わりました。百玉そろばんは、初めてみたので、すごく新鮮でした。

 硬貨・お札の授業では、いつも見ているお金、昔のお金など、模様のこと、裏のこと、結構知らないことばかりでした。おもしろかったです。知っていたと思っていても「へえ〜」と思うことを授業にすると、頭に残るなと思いました。ありがとうございました。

1.日時   2017年4月22日(土)
        受付 13:15~
        セミナー 13:30~15:30

2.場所   中村生涯学習センター
        地下鉄「本陣」下車4番出口より南西へ300m


3.資料代 
          一般  1000円
        学生   500円

講座内容は、変更になることもあります。
あらかじめご了承ください。
第一講座
子どもに力をつける社会科授業のミニパーツはこれだ
   フラッシュカード
 覚えることがたくさんある社会。毎時間、短い時間でフラッシュカードをすることで、少ない労力で、大切なことを覚えることができます。
地図帳指導
 地図帳を使いこなすことも社会科の大切な力。楽しく子どもが地図帳を使いこなせるようになる授業を紹介します。
グラフの読み取り
 グラフの読み取りには、定石があります。どのような手順で指導をすれば良いか紹介します。
写真の読み取り
 1枚の写真からどのように情報を取り出し、授業にしていくのか。写真の読み取りの授業を紹介します。
第二講座
学年別1学期教材の進め方

 各学年の1学期教材をどのように授業をすれば良いのか。模擬授業形式で紹介します。模擬授業だからこそ分かる、授業のポイントを体感してください。
小学校3年生
小学校4年生
小学校5年生
小学校6年生
第三講座
アクティブラーニングで進める社会科の授業
& 子どもに教えたい日本人の気概
子どもたちが活発に発言する集合知の授業
 集合知の授業をすると、子どもが進んで調べ学習をし、発言するようになります。模擬授業を通して、集合知の授業を体感してください。
   子どもが熱中する討論の授業
 授業は討論の形にあこがれる。社会科の授業で討論をするポイントを模擬授業を通して紹介します。
 日本人の気概の授業
 子どもたちが日本のことを誇りに思う、日本人の気概の授業を紹介します。
 社会科授業限定QA講座
 講座では聞けなかったことや、もっと知りたいことなど、講師の先生方に直接聞くことができます。

申し込み方法

以下のHPからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/47ba60e3279751

E-Mailでお申し込みの方は、

1.お名前(読み仮名)
2.ご住所
3.電話番号
4.勤務先
を明記の上、事務局 岩井俊樹宛にお申し込みください。


知り合いの方と参加される場合、隣席を用意できます。
申し込みの際、『○○さんの隣を希望』とお書き添えください。

是非、お誘い合わせの上、ご参加ください。

第4回TOSS全国1000会場教え方セミナー
愛知県版ホームページへ

TOSSランド      第4回TOSS教え方セミナー公式ページ

Copyrights 2009 TOSS愛知教育サークル All right reserved.
TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標第5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
リンクについてもお問い合わせください。

お問い合わせ(岩井俊樹)