2019年8月24日(土)〜8月25日(日)

 第11回Sunny夏セミナー
特別支援教を要する子どもを伸ばす教師の仕事
英語を話せる子どもを育てる指導の極意

小嶋先生、井戸先生の話をたっぷり2日間聞ける講座です!
宿泊参加できます!
セミナーのみの日帰り参加や1日だけの参加も大歓迎です。

1.日時 2019年8月24日(土)〜8月25日(日)
1日目 13:00〜16:30
2日目  9:30〜12:30
2.会場 愛知・蒲郡温泉郷『天の丸』

444-0115 愛知県額田郡幸田町大字荻字遠峰10
TEL : 0564-62-1751 / FAX0564-62-1756

3.講師  小嶋悠紀氏
長野県公立学校教諭
TOSS授業技能検定五段
NPO法人 長野教師力向上NET副理事長
TOSS特別支援教育誌編集長
全国各地で特別支援教育の理解と充実の拡充のためセミナー講師として活躍。

井戸砂織氏

愛知県公立小学校教諭
TOSS授業技量検定七段
TOSS英会話中央事務局代表
TOSS愛知代表
4.講座内容(予定)
○特別支援を要する子どもへを巻き込む授業力向上講座
○特別支援を要する子どもの問題行動を減らす教師の仕事講座
○英語の授業力を高める模擬授業講座
○英語の教材教具の使い方が分かるユースウェア講座          など

セミナー当日の詳しい日程については、MLをご覧ください。


5.お申し込み方法

【メールフォームでの申し込み】
以下のHPからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d382e7a8581204

※参加費、払い込み方法につきましては、ML(メーリングリスト)にてお知らせ致します。まずはお申し込みを!
※受付番号の確認などで、お名前をMLで発信することがあります。
もし、MLでお名前がのることをご希望されない方は、申し込みの時に、その旨ご連絡をお願い致します。

6.第10回Sunny合宿の感想
■英会話の授業の楽しさを充分味わい、担任がなく、英会話の授業の機会がない私ですが、「授業がやりたい!!」ととても思いました。
We canの使い方、井戸先生が教えてくださったように、ダイアローグやアクティビティをやって、「やりとり」をしてから使うといいなと思いました。
また、伴先生がおっしゃっていたように「数」をこなすこともとても大切だと思いました。また数をこなせる授業の展開、組み立てもできないといけないと思いました。
伴先生がおっしゃっていた外国の方との接し方、とても勉強になりました。強さ、コンプレックスのなさ、自分も身につけたいです。ありがとうございました。

■子供が英語を話せるようになる指導の極意セミナー、全ての講座が英語を教えるための内容で、とても勉強になりました。
二学期に英語をやりたくなりました。新テキストをつかってどう教えるのか?をもっともっと学んでいきたいと思いました。
まだテキストのことを分かっていないので教えられないと思いました。
伴先生が井戸先生の実践の本質は「数」だとおっしゃった言葉に深く納得しました。「数が力になる」その言葉は自分たち教師修業につながると思います。
自分には数が足りないし、そこをのりこえていけるようにこれからも万んでいこうと思います。
井戸先生の英語リズムが2拍子、ということを教えていただき、そのリズムに近づくように授業をしていきたいと思います。明日もどうぞよろしくお願いします。

■まさに最先端!!最重要!!な内容に、新たな学びの数々でした。すごい情報量!!内容!!で、今、英語の授業がどうなっているのか、今後どうなっていくのかを教えていただく、それが伴先生、井戸先生の頭の中にあること、考えられていることを教えていただけるのが、このセミナーのすごさだと強く感じました。

井戸先生の本質は「数」考えたことがありませんでした。
井戸先生の数、頻度、ものすごいです。井戸先生のご自身の英語の学習量。
伴先生に教えていただいた視点で振り返ると、本当にまさにそうでした。
伴先生だったら、どこの国の方にも負けない。「外国人にコンプレックスをもたない」ホテルでのエピソード、携帯電話でのエピソード、度胆を抜かれました。そのようになりたいと思いました。

井戸先生が教室でされていることをたくさん教えていただきました。
like,have,wantが大事、習熟させることの大切さを、応用の幅がすごいことを改めて感じました。
もう今の段階ではちくいちは数えない。そのことを(どうやって教えているのか)を、たくさ知ることができました。

■今年度から、T1で英会話の授業をすることになりました。
今まで学んでいてよかったなと実感しています。復習シートやフラッシュカードは本当に心強かったです。
これらの教材にどれほど助けてもらったことか。今日一日の学びが頭の中からあふれそうです。忘れないように、すぐ、2学期に追試していきます。
伴先生のたましいのお話がとっても心に残っています。
伴先生のお話は本当に聞いていてスカッとします。ありがとうございました。模擬授業でもコメントも、本当にありがとうございます。心臓で挑戦し続けていきます。

■英語の授業の組み立て方、いい授業のポイント、心がまえ・・ふだんセミナーでは触れられない内容に触れることができるのが、合宿のよさですね!メモする手が止まらず、手が痛いほどです。話せるようにするには、数と時間。魔法の方法があるのではなく、いかに子ども達が話す時間をつくるか、いかに経験を重ねさせるかどたわかりました。
つまりは、指導技術ですね。話せる子どものイメージを明確にして、授業をつくっていきます。
みなさんすごく上手で、熱心で、刺激をうけました。ありがとうございました!

■英語の「対話的学び」ってどんなところを目指せばいいのだろうと思っていましたが、このセミナーを通してとても勉強になりました。
これまで「学んだことをつなげる」ことをこれから意識して授業をつくっていきたいと思いました。
授業をもっと練習しないとと反省させられ、刺激をいただきました。たくさんの学びをありがとうございまいた。
少しでも学びを2学期からの授業に生かせるよう、メモしたことを何度も見返したいと思います。今日は本当にありがとうございました。

■英語学習の趣意説明について。外国の型にコンプレックスをもたない、心情的な部分がとても大切だと思います。
学校で習った英語を使えば、ちゃんと通じる、しゃべれる。
外国人は見た目はちがってもちゃんと分かり合えるんだという実感を子どもにもたせられる授業をしていきたいです。
日本人としてのアイデンティティを、自信をもって、ひくつにならずに示せる子どもを育てたいと強く思いました。ありがとうございました。

■最先端の授業に触れることができ、とても刺激になりました。なかなかセミナーに参加できず、もやもやしながら夏休みを送っていましたが、今日、その分吸収できました。
前に立つ機会を頂けとても学ぶことができました。やはり前に立って、下手でも話す、そこでしか自分の力はつかないのかなと改めて思いました。
たくさんの指導案も宝物です。よく読み追試をします。伴先生の日本の気概の話、本当にずしんときました。子どもに教えるだけでなく、自分自身も世界と対面していきます。井戸先生の進化、明るさ、リズムを心に刻み、2学期からも頑張ります。

■TOSS型英会話の指導法はどんどん進化していて、知的さ、楽しさ、型の習得、自由度の高さ、全てにおいてすごくなっていると思いました。井戸先生の実践を教室でされている青木先生の発表から、システムの大切さを学びました。また、元実践をされている井戸先生のすごさを伴先生の解説でよく分かりました。
また、昨日から2日間で教材研究をしました。とても盛り上がり、レベルもとてもとても高い授業で大変勉強になり、授業もできて楽しかったです。
伴先生の前回の合宿での応援メッセージを思い出しました。「今回のセミナーの意味は死ぬ時に分かる」とおっしゃていました。
そして今回のセミナーもとてもいみのあるセミナーになりました。ありがとうございました。

■まさにSunny合宿した。実技、発表、型。できるようになるセミナーでした。部屋ごとの発表も、実技も、ポイントカードも、できるようになるシステムがあり、それが体現できるところにこのセミナーの神髄があると思いました。
伴先生のお話で、Sunnyのまとめをいただき、この場所で学べることの幸せに感謝いたします。郷を共にして魂が一つになる集団、しっかりと足元を固めてできることを考えてやれる、自分になりたいと思います。ありがとうございました。

■2日目、さらに伴先生、井戸先生の創り出す空間にひたる濃密な時間でした!!!
2日間、とても楽しかったです!!!!!すごい時間を本当にありがとうございました。
伴先生が技能系の授業として、井戸先生がシステム化して追試できるようにしている。システマティックに構築していることのすごさをお話ししてくださいました。井戸先生が作られたシステム、井戸先生が稀有な実践家ということをお聞きして、井戸先生が教材やシステムを授業のどこで使うのかを整理して教えてくださったので、とても分かりやすかったです。
「新出・復習・つなげる」で新出でフラッシュカード、復習でダイアローグ復習カード、つなげるでスモールトークなどが使えるということがよくわかりました。
伴先生の英語の授業、かっこよかったです!!!!!
like,have,wantが一つの状況(My restaurant)につながっていていき、その会話は、今まで知らなかった組み合わせでした。
おはしにlong,middle,shortがあり、Do you likeでたずねる状況設定。思いつきません。つながるとスマートな受け答えができます。その場にあるもので、あんなかっこいい授業ができるなんて、本当にすごいです。列指名で違う質問をしていく『臨機応変』をもう15年前からされていたとのこと。本当にすごかったです!!!
Where do you want to go? I want to go to〜.の後のWhyの答え方を3種類教えたり、4つ目を考えさせたりする流れ。本当にすごいです。
実技講座では、すればするほど、前で授業をすればするほど、上手になることを実感できました。
前に出て失敗してもいい、恥なんかいくらでもかいてやる!!」という気持ちで挑戦を続けます。
Sunny合宿に参加できたこと、本当に幸せな時間でした。井戸先生、伴先生、Sunnyの先生方、参加者の先生方、本当にありがとうございました。来年も参加して、今年より、「さらに楽しい授業、明るい授業」を目指しがんばります。

■実技講座がとても勉強になりました。実際にやってもらい、その中でどこがポイントなのか、自分たちができるようになるための手順を教えてもらえる。まわりの人も上手になっていくのでとても勉強になりました。
青木先生の実践に加えて井戸先生の解説の「システム」の話がとてもよかったです。日常でもシステム化するというのが参考になります。伴先生の「システム」を共有できるという話もすごく参考になる指標となりました。
伴先生の授業の講座が圧巻でした。一つの枠組、「つなげる」まで組み立てられてすばらしかったです。その授業のくみたて方の解説も勉強になりました。
井戸年生の講座で決まった組み立てが話せるからやりとりがあるのちがいが明確になり、とてもおもしろい視点リアクションがあってこれがすごいなって思いました。

■2日目は、基本パーツのレッスン、We canの授業づくりと実技系で、昨日とは違った楽しさ、学びがありました。夜、眠い目をこすりながら、授業を考えたのも、夏休みの良い思い出です。
井戸先生のシンプルで無駄のない生活(でも充実)作りの努力、授業づくりの努力が生き方となってしみこんでいて、今があるんだなあと思いました。Sunnyのリーダーとして、一門として、カッコイイと思いました。
一つ一つの行動の意味とつながりがキチンとしているTOSS英会話、すごいです!井戸先生が言っておられたように、サークルでもやってみます。
「いい授業はリズムがこわれない」伴先生の言葉を心に授業を考えたいです。2日間、すごくいい時をありがとうございました。

■合宿にものすごく久しぶりに参加させていただけて、ほんっとうに楽しかったです。
そして又、FCのそれぞれがどんな意味をもつのか、三構成法をWe can2で具体的にどう使うのか、small talkをどうすればいいのか、英語における「主体的で深い学び」を現実化するにはどういうステップがあるのか、又それを体現している子どもたちの姿はどういった姿なのかなど、学校現場での実際に立った理論と結びつけてとてもわかりやすく示してくださってあって、そこもとても深い学びになりました。
井戸先生のご提案されたsmall talkもすごく楽しかったです。Ice creamとWhat season do you like?のFCで家へ帰って練習します!
伴先生の心のこもったメッセージ、とても響きました。ご家族で遠くからお越しいただいて感謝申し上げます。Sunnyの皆様、いつもありがとうございます。

■2日目が実技から入ったのがとてもよかったです。自分ができそうなものがあるのがうれしいです。みなさんのUnit1からの授業がとても楽しかったです。様々な方法が分かり、よかったです。みなさん、すごーい!!「型+フリートーク」の考え方がとても分かりやすかったです。型があるから初めの入りがスムーズです。そして、いろいろ考えたい子も満足すると思いました。濃い2日間でした。ありがとうございました。2学期に生かします。


TOSSランド 

愛知県内で行われるセミナー

TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標第5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
リンクについてもお問い合わせください。