2018年8月25日(土)〜8月26日(日)

徹底マスター!!
〜英語が話せる小学生を育てる〜

 〜第10回Sunny夏セミナー〜
伴先生と井戸先生の話をたっぷり2日間聞ける講座です!
宿泊参加できます!
セミナーのみの日帰り参加や1日だけの参加も大歓迎です。

1.日時 2018年8月25日(土)〜8月26日(日)
1日目 13:30〜17:00
2日目 10:00〜13:00
2.会場 愛知・蒲郡温泉郷『天の丸』

444-0115 愛知県額田郡幸田町大字荻字遠峰10
TEL : 0564-62-1751 / FAX0564-62-1756

3.講師  伴一孝氏(向山一門代表、TOSS授業技量検定最高段位十段)
井戸砂織氏
(TOSS英会話中央事務局代表、TOSS授業技量検定六段)
4.講座内容(予定)
○英語の授業力の進め方が分かる模擬授業講座
○英語の教材教具の使い方が分かるユースウェア講座
○英語の授業力が上がる体験講座                など

【こんなことができるようになります!】

1.英語授業力が向上します。
 フラッシュカードの操作、状況設定フラッシュカードを使った授業What's this?や自己紹介などの基本ダイアローグの授業ができるようになります。

2.子どもたちが英語を話せるようになる
  英語授業の重要パーツが授業できるようになります。
 単語練習、状況設定、ダイアローグ練習、アクティビティ指導、ゲーム指導など、子ども達が英語を話せるようになる授業パーツを指導することができるようになります。

3.英語授業で子どもたちが熱中するゲームの指導ができます。
 英語かるた、仲間集めゲーム、サイモンセッズゲームなど、子どもが熱中するゲームの指導ができるようになります。

4.教師自身の英語力が高まります。
 簡単な自己紹介や日本の文化の紹介、ALTとの簡単なコミュニケーションなどが英語でできるようになります。

5.これからの英語教育の方向性が分かります。
 教科化になって、カリキュラムがどう変わるか、これからの英語教育がどのような方向に進むかなど、これからの英語教育について知ることができます。

セミナー当日の詳しい日程については、MLをご覧ください。


5.お申し込み方法

【メールフォームでの申し込み】
以下のHPからお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/de81799f315803

※参加費、払い込み方法につきましては、ML(メーリングリスト)にてお知らせ致します。まずはお申し込みを!
※受付番号の確認などで、お名前をMLで発信することがあります。
もし、MLでお名前がのることをご希望されない方は、申し込みの時に、その旨ご連絡をお願い致します。

6.第9回Sunny合宿の感想
■甲本先生、事務局の先生方ありがとうございました。甲本先生の語りに引き込まれてメモを取り忘れてしまいました。
声の張り、表情話の組み立てなどため息が出ました。
講座や授業コメントの間に向山先生の様々なエピソードや向山先生がされた語りをしてくださいました。
向山先生の近くで長く学んでこられた甲本先生だからこそできることだと思います。
甲本先生の学級映像を見せていただきました。
図工の授業でシャボン玉を描いたところでした。
特別支援学級の着席しているのが、やっとのお子さん達とお聞きしました。
やり取りの場面では、甲本先生が子どもの発言に対して次々に対応されていました。
「惜しい7090点100点」と個別評定されていました。
着席しているのがやっとの子どもたちですから、さじ加減を間違えるとすねてしまうのではないかと思います。
国語の授業でも音読の仕方で個別評定されていました。難しいお子さん甲本先生の手に入っていました。
とっても可愛らしいお子さんたちでした。

■講座開始から笑いが止まらない甲本先生節が止まらない講座の連続でした。
やんちゃ対応講座では、声のトーンの変え方を実際に見せていただくことができて、一言、言葉を発するのにも声の調子を変えていくところがとっても勉強になりました。
二学期に向けて発声の仕方などを練習していきます。
追試を1万回はやるということもまだまだできていないのでこれから追試をたくさんしていきます。
特別支援学級の授業映像では甲本先生の暖かな対応、すぱっと切り込むようなツッコミどれも新しい世界でした。
私だったらちゃんとさせなくちゃと、焦ってしまうところだと思います。
頭を撫でたことがあるか、褒めたことがあるかという言葉が印象的でした。自分の学級経営を見直していきます。

■「教育論語」今回読み書きすることができてよかったです。
分析批評の授業が2学期にあるので、短い題材で示して下さり分かりやすかったです。
今までモチーフは使ったことがなかったので今日、参加できてラッキーでした。
算数の概数で「まで」を書かなくなる方法を初めて知りました。
習得単元でアルゴリズムをきちんと子どもに入れる大切さもわかりました。
心して臨まなくてはいけないと思いました。
猿飛をやることでリズムやテンポがほかの授業にも転化できるので挑戦したいです。
支援学級の映像かわいかったです。
甲本先生の対応が楽しすぎます。図工、話す聞くスキル、しりとりソーシャルかるたが支援学級でもこんなに有効であることがよくわかりました。
遠足での対応の仕方すごいです。甲本先生のお話は本当に楽しかったです。
小さなことにくよくよせず楽しく楽しそうに子どもの前に立ちたいです。ありがとうございました。

■今日は本当にありがとうございました。
夏休み模擬授業(猿飛)ができたのが一番の学びでした。まず元気が出ました。
本番もものすごい学び多かったけど、一人で何度も何度も練習を繰り返す中でわかったこともたくさんありました。
最近模擬授業から遠のいていましたが、やると学びが多いなぁと改めて思いました。
授業をする場を用意してくださりありがとうございました。
「教育論語」甲本先生の「求めるものがあるなら自ら足を運べ。」すぐメモしました。
「移動距離と比例」するんですね。
やはり行動しようと思いました。
甲本先生の特別支援の映像食い入るように見てしまいました。
フラッシュカードの拡大。それが進化していく。
「交流学級で力がつかないなら交流に行く必要はない」なるほどと思いました。
やはり教師自身に力をつけないといけないと思いました。
修業を続けます。
さらに精進します。

■ものすごい学び、たくさん笑ったことも楽しい一日でした。
甲本先生が作り出す空間やり取りをたくさんたくさん体感できて幸せでした。
1、求めるものがそこにあるならば自分がそこに足を運ばなければいけない。
思い上がった瞬間に力が落ち始める。
自分の概念を崩して行かないといけない。
向山先生と甲本先生とのエピソードと共に聞くことができて、自分ではたどりつけないところを教えていただけてとても嬉しかったです。
吾作のエピソードほんとにすごいです。
一流を知る、見る、その場にいることの大切さ改めて強く感じました。
サボテンの花の授業を受けることができてすごくすごくよかったです。
「生」と「一」見つけられませんでした。
見つけたいなんだろうと正にアクティブラーニングでした。
「一」の5つ、その中の得意なもの「意志」での討論すごい流れでした。
そして「花」は何を象徴しているか、子どもに辞書引かせると初めて知りました。
そして分厚い辞書「努力の結果身を結んだこと」そして今日甲本先生の一言。
「誰1人として見る人もいない」「人生とはそういうものかもしれません」
すごくかっこかっこよかったです。
甲本先生の子どもからの意見の引き出しからとても憧れました。
すごく言いたくなる。
とても楽しいクラスを巻き込むそれを2学期を目的としたこのサニー合宿で見ることができ体感することができ本当に良かったです。
甲本学級の子どもたちの暖かさ、やんちゃくんもおとなしい子みんな甲本先生によって行って愛らしい表情をしていました。
子ども達が愛されてるなということとても感じました。子どもはそういうことをとても敏感に感じていると思いました。
その様子を見ることができ感謝の気持ちでいっぱいです。

■甲本先生のお話を伺うだけで元気になります。
たくさん笑いました。
猿飛検定で甲本先生が向山先生が何回音読されたが想像しながら教材文を読んでみるとおっしゃいました。
形だけを真似するのではなく、本質を感じることの大切さを甲本先生の姿から教えていただきました。
特別支援の子どもたちの絵に感動しました。
「力がつくなら交流に行かせる」という言葉に甲本先生特別支援学級で学べる子どもたちが先生との出会いでどれだけ変わっていったのだろうと胸がいっぱいになりました。

■教育論をからのたくさんのエピソードとても面白かったです。
「向山先生の俺を見ろ!」と付け加える話すごかったです。
マグロを釣ろう思うなら、釣れる場所にいかなければならない。
つまり、足を運ぶということをとても納得しました。
雪の追試をしたときにうまくいかないのはなぜか、何が足りないのか考えると教えていただいたことを生かします。
まず追試を10やります。しっかり記録します。

■甲本先生の向山先生とのエピソードから引き込まれました。
生き方教育論として圧倒的な憧れを抱きました。とてもかっこよかったです。
分析批評算数講座では組み立て統率の仕方を学びました。
楽しさの中で統率することがポイントだと思いました。
猿飛向山実践講座では様々な技術を学びました。
言葉を削ること、そして一声で言い切ること完全コピーすることで学び擦り切れるまで映像や音声を聞いて学びたいです。
甲本先生のその場の瞬時の対応がすごく勉強になりました。
映像での1枚しかない黄色の紙をどれだけ良いか伝えるかという話がすごかったです。
そして、子どもたちに合わせた対応されているのが映像から学びました。
シャボン玉の絵を書かせるために導入で様々に工夫されることも学びました。
甲本先生のやんちゃそして統率力ユーモアたっぷりの講座でしたありがとうございました。

『2日目 とびっきり楽しい英会話授業づくり&学級経営セミナー』
■甲本先生の質問に対する答えがやんちゃすぎて笑いました。
井戸先生がこういう考えもあるのだということを知っておいた方が良いということを聞きし、なるほどと思います。
やはり甲本先生、井戸先生をはじめ自分の考えにはないことをズバッと言い切られる高段者の先生方のお話はもっともっと聞かなければいけません。
その意味だけでもSunny合宿は毎年大きな学びをすることができます。
井戸先生のllke,have,wantの授業ではより細かな部分までお聞きすることができました。
井戸先生の奥深い考えを知ることができて嬉しかったです。
さらに井戸先生のコンテンツプレゼント最高です。
来年もよろしくお願いします。

■久しぶりのセミナーへの参加で前に一分間もぐ授業でたたせてもらいましたが、内容はともかく前に立ってもっと心臓を鍛えるために絶対続けようと思いました。
苦手なことに挑戦することを諦めたら終わり、上手な人を観察するという甲本先生の話、荒井さんのエピソード向山先生の話、本からの学び、二十五万回間違えるという井戸先生のお話から私自身高まっていってかないといけないと強く思いました。
井戸先生の様の授業とてもよくわかり、未来が広がると思いがしました。
受けることができてほんとによかったです。
一日でも参加できて良かったです。ありがとうございました。

■本当にさしぶりに一分間模擬授業をやりました。
新しいことはできませんでしたが前に立つことが嬉しかったです。
甲本先生の話を聞いていよいよ英語科スターズだとひしひしと伝わってきました。
甲本先生のメッセージの「まぐれの期間を短くすること」が技能上達の法則を心に留めて日々過ごしたいです。
井戸先生の英語は受けるたびに進化していてすごいと思います。
何より子どもの事実があるのが素晴らしいです。
今までの知っているあるいは自分が子どもの時の授業で話しているような気が全くしませんでしたが、もしかしたら話せるのかも、子どもたちが話せるれるようにさせるのかもと思いました。
二日間ありがとうございました。

■井戸先生の英会話の授業とても楽しかったです。
Lik,have,wantの授業のつなぎ方を教わり、しかもその後の実技講座でコンテンツを使って授業の仕方を教わり学びが倍増しました。
自分で考えてhow many what do you lile about japanなどいろいろ自分で意見を言えていいなと思いました。
褒めることの大切さを学びました。
インゲン豆、めだかのエピソードを聞いて声がけをやっていることを褒めるといろいろ自主的に行動するなるのだと思いました。
宿題をやっていない子へのエピソード普通は考えつかないけれど子どもに寄り添った素敵だと思いました。
サマーの授業は4、5、6月の授業と2学期以降のダイアローグを考えて何が必要なのか、順序を考えつつ、コネクトつなげることが大切だと学びました。
甲本先生の学校での英語の授業の様子をお聞きして方を身に付けフラッシュカードや教材を上手に活用したいと思いました。
ありがとうございました。

■予定の変更により、一日目の講座が受けられず2日目の講座を受けるさせて頂きました。
自分は社会科が専門ということもあり聞きながらどういう対応の仕方ができるかなと考えながら聞いていましたが参考になることが多くありがたかったです。とてもいい刺激になりました。
特に印象に残ったのはが究極の極意は自分を成長させることということです。これからも頑張っていきたいです。

■井戸先生、甲本先生の元気な温かい人柄がにじみ出ているセミナーでした。
その場にいるだけでエネルギーが注入していく感じがしました。
甲本先生の明るいやんちゃさは体験してもなかなか真似できない、するものではありませんが、焼き付けました。
井戸先生の英語の授業もたくさん見せて頂き、改めて日本の教育の未来を感じました。
最後に井戸先生の話にあったように日本の子どもたちがしゃべれるようになるという未来が見えるようでした。
自分の意味をしっかりもって行動します。
来年英語話せるようになりセミナーに参加するのを目標にします

■甲本先生が繰り返し言われていた型を学ぶのは大切ということを身をもって感じました。
一分間対決に久しぶりに挑戦し井戸先生の授業映像を繰り返し見て、練習していた時期よりも会話がスムーズに出てこないも。
もっともっと井戸先生方は自分の中に刷り込んでいく必要を感じました。
オンライン英会話も少しずつ回を重ねていくたびに聞き取れるようになってきたし、少しずつ口も動くようになってきました。
型を学ぶ1000回を目指して新たに練習していこうと決意しました。
井戸先生の学級経営も2学期前に聞けてよかったです。
入って5秒で褒める。絶対に褒めます。1ヶ月半ぶりに学級の子に逢たくなりました。

■どうしようと考えあぐねていることが多い毎日ですが、考えすぎずに1つ目標を立てて進んでいきたいと思いました。
井戸先生よりプレゼントしていただけるというコンテンツほんとに嬉しいです。
とても自然にそして強く引き込まれる構成でぜひやってみたいと思いました。
ダイアローグをコネクトさせていくという発想でやっていけば子どもたちはいくらでも話していけるように思います。
そして、型を身に付ければ誰でも授業ができるように思います。
同僚に伝えられるといいと思います。

■今日は本当にありがとうございました。
一分間に挑戦しました。自分のできない部分がよくわかった1分間でした。
挑戦することに課題が見えてくるなと改めて思いました。
夏休み残りの10日間をどのように過ごすのか規定できました。
井戸先生の分厚い資料すごいです。もっともっと読み込みます。
英語もずんずん進んでいてメモ止まりませんでした。
しかし、基本聞かせてから発話、状況設定をありえないものにする、難しいものをいかに解りやすくするのか、個別評定1by1を大切にするなど変わらないないんだなと思いました。
基本を大切にしながら楽しい進化についていけるようにさらに自分も進化できるよう学び続けていきます。行事指導も最高でした。


TOSSランド 

愛知県内で行われるセミナー

TOSS(登録商標第4324345号)、TOSSランド(登録商標第5027143号)
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
リンクについてもお問い合わせください。