トップページ


ブルンジ Qグレード

・ブルンジでのコーヒー栽培は1930年代に
当時 統治国だったベルギーが
ブルボン種を持ち込んだことによって
始まりました。


生産地域:Cibotoke,Bubanza
     (ブルンジ北西部)
標高:1700m
品種:ブルボン種を中心に その他も  

精製方法:フリ ウォッシュ(Fully Washed)
グレード:FW AA
カップ評価:Medium body, Clean acidity,
       Citric,Syrupy, Floral,
       Bright mouth feel,
       Long aftertaste
      
      口当たりが気持ちよく、
      質感がありながらも
      すっきりとしたコーヒーです。
      冷めると
      とろりとした甘みがでます。


認証:Qグレード

   スコア 80.33ポイント
   
   SCAA(米国 スペシャルティコーヒー協会)方式の
   コーヒー評価法に基づいております。

Qグレード 

Qグレーダー3人がSCAA
(米国 スペシャルティコーヒー協会)方式の
コーヒー評価法に基づいて
Qグレードの規格(80.0~85.0未満)に該当する
と認めたコーヒーです。





※Qグレーダーとは
CQI(Coffee Quality Institute)が
各国の協力機関(ICP)とともに
維持するQ Coffee Systemにおいて
コーヒーの評価をする専門的技能者です。







撮影2016年3月9日