トップページ

焙煎
自宅で生豆を焙煎できます。       


コーヒー生豆 土鍋で焙煎

※コーヒー生豆の水分の含有量・土鍋の厚みや大きさで違いがあります。
くれぐれも御注意ください。

※コロネーションコーヒーでは土鍋の販売はしていません。
ご自身で御用意ください。

コーヒー生豆 約100gをとろ火で温めていた土鍋に入れる。
(土鍋の大きさは中または小)
火力を中火
(土鍋の大きさによっては、ご自身で火力を調節してください。)に 
さい箸(竹製)でスクランブルエッグを作るようにクルクル回します。 
休みなく回す。 
焙煎開始から5分経過-火力を弱火にする。
焙煎開始から8分経過-豆の色が黄色のような色になる。 
焙煎開始から15分経過-
豆がはぜてきます。
(まだ はぜていなければ火力を強める。 
反対に早く はぜていれば火力を弱める。)

はぜてからその後4分ぐらいで、出来上がり。 
好みの色になりましたらふるい
(円形・四角形の枠の下に、網を張った道具)
などに移し、
手早く冷却します。

■回数を重ねるにつれて焙煎時間を短縮し、
土鍋での焙煎に慣れることをおすすめします。 
■火加減が、一番難しいです。
■ご自宅にて小さめの土鍋で コーヒー生豆コロンビア無農薬栽培200gを使い、
火力を最初から最後まで弱火で約15分で仕上げるお客様もございます。

※焙煎は火を扱いますので事故、怪我、火傷等に十分御注意ください。


生豆投入量100g〜200g 電気焙煎機を御使用のお客様へ


水分の含有量が多めのニュークロップや
グァテマラ・コロンビア・マンデリンなど
水洗式
(珈琲の精製方法。果肉や内果皮を水洗いして取り除く精製方法です。)は、
特に芯まで均一に焙煎することが難しいです。

ダブル焙煎をおすすめします。
1回目も2回目も浅い焙煎にセット 
2回目で約シティローストぐらいまでに仕上がりますが、
電気焙煎機は、じっくり焙煎することまでは
なかなか難しいようです。(但し、各メーカーによって違いがあります。)
ご自身に合ったコーヒーを作り出してください。

水分の含有量が多めのコーヒー生豆であるほど電気焙煎機での焙煎が
難しいと思います。



趣味のコーヒー焙煎
 自宅カフェを お楽しみください


■お客様からの焙煎についてや
ブレンド内容についての御相談や御質問を承ることはしていません。

■経験を重ね、何度も焙煎する中で 香味が出来上がります。
コーヒーの焙煎は、言葉で伝えることは難しいと思います。
ご自身の経験が、全てです。色々お試しください。

コーヒー生豆通販お買い物カゴ>>>
無農薬栽培コーヒー生豆(有機栽培オーガニック JAS認証)通販お買い物カゴ>>>