第1類 危険物


酸化性固体:可燃物を酸化して、激しい燃焼や爆発を起こす固体。

1.塩素酸塩類
2.過塩素酸塩類
3.無機過酸化物
4.亜塩素酸塩類
5.臭素酸塩類
6.硝酸塩類
7.よう素酸塩類
8.過マンガン酸塩類
9.重クロム酸塩類
10.その他政令で定めるもの
  (過よう素酸塩類、過よう素酸、クロム,鉛又はよう素の酸化物、亜硝酸塩類、次亜塩素酸塩類、
     塩素化イソシアヌル酸、ペルオキソニ硫酸塩類、ペルオキソニほう酸塩類)
11.前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの


第2類 危険物


可燃性固体:着火しやすい固体や低温で引火しやすい固体。

1.硫化りん
2.赤りん
3.硫黄
4.鉄粉
5.金属粉(アルミニウム粉、亜鉛粉、マグネシウム粉等)
6.マグネシウム
7.その他のもので政令で定めるもの
8.前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの
9.引火性固体(固形アルコール、ラッカーパテ、ゴムのり)


第3類 危険物


自然発火物質及び禁水性物質:空気や水と接触して、発火したり可燃性ガスを出したりする物質。

1.カリウム
2.ナトリウム
3.アルキルアルミニウム
4.アルキルリチウム
5.黄りん
6.アルカリ金属(カリウム及びナトリウムを除く)及びアルカリ土類金属
7.有機金属化合物(アルキルアルミニウム及びアルキルリチウムを除く:ジエチル亜鉛等)
8.金属の水素化物(水素化リチウム、水素化ナトリウム等)
9.金属のりん化物(リン化カルシウム等)
10.カルシウム又はアルミニウムの炭化物(炭化カルシウム、炭化アルミニウム)
11.その他のもので政令で定めるもの(塩素化けい素化合物)
12.前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの


第4類 危険物


引火性液体:引火しやすい液体。

1.特殊引火物  1気圧で、発火点が100度以下、又は引火点が-20度以下で沸点が40度以下のもの
2.第1石油類  1気圧で、引火点が21度未満のもの。
3.アルコール類 炭素数3以下の1価アルコール。
4.第2石油類  1気圧で、引火点が21度以上70度未満のもの。
5.第3石油類  1気圧で、温度20度で液体であって、引火点が70度以上200度未満のもの。
6.第4石油類  1気圧で、温度20度で液体であって、引火点が200度以上のもの。
7.動植物油類  1気圧、20度で液体のもの。


第5類 危険物


自己反応性物質:加熱や衝撃で、激しく燃えたり爆発したりする物質。

1.有機過酸化物(過酸化ベンゾイル等)
2.硝酸エステル類(硝酸エチル、ニトロセルロース等)
3.ニトロ化合物(ピクリン酸等)
4.ニトロソ化合物
5.アゾ化合物
6.ジアゾ化合物
7.ヒドラジンの誘導体
8.その他のもので政令で定めるもの(金属のアジ化物(アジ化ナトリウム等)、硝酸グアジニン)
9.前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの


第6類 危険物


酸化性液体:他の可燃物と反応して、その燃焼を促進する液体。

1.過塩素酸
2.過酸化水素
3.硝酸
4.その他のもので政令で定めるもの(ハロゲン間化合物:フッ化塩素、三フッ化臭素等)
5.前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの



 提供:甲種危険物取扱者集会所