1.免状申請
   2.写真書換え   3.本籍等の書換え   4.再交付   5.保安講習



疑問点は消防試験研究センターのHPを参考に作らせていただいておりますのでこちらを参考にください




1.免状申請



危険物の試験を受けると東京都以外の受験会場では後日ハガキが郵送されてきて合否がわかります。

(消防試験研究センターのHPでも注意が書かれていますが試験会場付近で、「忙しくて発表を見にいけない人のために電話での合格発表を受付けます。」といったサービスを有料で受け付けている場合があるようですが、消防試験研究センターとは関係ありませんのでご注意ください。試験の結果は、当センター各支部などに公示(掲示)するとともに、「結果通知書」を郵送しお知らせしています。 (中央センターでの即日発表分を除く。))
合格した場合は、そのハガキの指示に従い証紙を買い住所などを書き郵送してください(ただし、各都道府県で多少異なる部分がありますので各自確認ください

手数料は2800円




2.写真書換え



危険物取扱者免状に貼ってある写真は、10年以内に撮影されたものでなければなりません。したがって、現在お使いの免状が発行されてから10年が経過する前に、写真の書換え手続きが必要になります。


1. 申請先

 次のいずれかの道府県の当センター支部に申請してください。
 東京の場合は各消防署で受け付けているそうです。
 居住地又は勤務地の都道府県
 免状の交付を受けた都道府県

2. 申請に必要なもの

 書換申請書
 写真 1枚(たて3cm×よこ2.4cm、無帽・無背景のもの)
 現在お持ちの危険物取扱者免状

3. 申請手数料

 1,600円
 申請先の道府県の収入証紙を購入し、申請書の裏面に貼ってください。
 東京都の場合は、現金でお持ちください。





3.本籍等の書換え


危険物取扱者免状に記載してある事項に変更が生じた場合は、免状の書換え手続きをしてください。

1. 申請が必要な変更事項

 氏名
 本籍
 同一都道府県内の変更は除きます。


2. 申請先

 写真の書換えと同じです。


3. 申請に必要なもの

 書換申請書
 現在お持ちの危険物取扱者免状又は消防設備士免状
 書換え事由を証明する書類
 戸籍抄本、住民票又は公的機関が発行した書類

4. 申請手数料

 700円
 申請先の道府県の収入証紙を購入し、申請書の裏面に貼ってください。
 東京都の場合は、現金でお持ちください。




4.再交付


免状の亡失、滅失により免状がなくなった場合や破損、汚損等により免状の記載内容が確認できなくなった場合には、再交付申請することができます。


1. 申請先

 次のいずれかの道府県の当センター支部に申請してください。
 東京都の場合は、都内の各消防署で受け付けています。
 免状の交付を受けた都道府県
 書換えをしたことのある都道府県


2. 申請に必要なもの

 再交付申請書
 写真(たて3cm×よこ2.4cm、無帽・無背景のもの)


3. 手数料

 1,800円
 申請先の道府県の収入証紙を購入し、申請書の裏面に貼ってください。
 東京都の場合は、現金でお持ちください。




5.保安講習


皆さん、少なくとも危険物取扱者の試験を受けたとき勉強しているのでわかっていると思いますが製造所等において危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、都道府県知事が行う保安に関する講習を3年に1度受講しなければなりません。危険物の取扱作業に従事してなかった人も、従事する事が決まってから1年以内に受講しなければいけません。ただし、危険物取扱者免状の交付を受けてから2年以内の場合又は講習を受けている場合は免状交付日又はその受講日から3年以内に受講すればいい

 提供:甲種危険物取扱者集会所