勉強法(HPの活用法)

 

0.はじめに

1.教材選び


2.仲間作り

3.過去問

4.模擬試験

5.問題倉庫

6.メールマガジン

7.自習室

8.
各分野の注意点

9.最後に・・

特別編 受験者から寄せられたお薦め勉強法







0.はじめに



ここでは、甲種危険物取扱者試験に対しての勉強法の1つを紹介させていただきます。決してこの方法でないと合格できないということはありません。ただ、なかなか合格する事ができない。あるいは、どうやって勉強を進めて良いか分からないなどの多くの質問が寄せられているのでこの場を借りて紹介させていただきます。もしよろしければ参考にしてください





1.教材選び



現在、甲種危険物取扱者試験の教材として数多くの教材が出版されていますが、どの教材が良いのか悪いのか分からないと思います。1度目の受験をする際、不合格してしまう最も大きな要因が教材選びにあると思う私は、1冊1冊分析してみました。もちろんこの教材の評価に対していろいろ意見はあると思いますが興味がある人はこちらを参考にしてください 
※なお、当HPでもどの教材が良いのかアンケートも取っておりますのでこちらも参考にしてください 

アンケートでも分かると思いますが市販されている教材の中では
弘文社 これだけ! 甲種危険物試験 合格大作戦!!  2808円が最も良いようです。

市販されていない教材の中で最も注目したいのは
財団法人全国危険物安全協会 危険物取扱者試験例題集です。
この教材は受験者の皆さんが掲載されていた問題が試験の問題としてたくさん出題させていたという報告を頂いております。

最後に注目したいのは、ネットのみで販売している パッスル試験研究会の甲種危険物取扱者養成講座です。こちらもお薦めなので是非、一度HPへ行って見て下さい現在販売中止中

甲種危険物取扱者の教材は皆さんも探してみればわかると思いますが、受験者数が乙種に比べて少ないため本屋にもなかなか売ってません。ほしい教材がないからといって納得できない教材を買っても勉強は進まないと思います。一番良いのは、大きな本屋に行ってたくさんの教材に目を通し探すのが良いのですが、そんな時間もない人にはネットで注文できる本屋を紹介します。
教材紹介へ

ちなみに、ここで紹介させていただいたのは管理人の勝手な意見であり、それぞれの会社、出版社とは無関係です。なお、出版社の方で評価やコメントに問題があるという方はメールをいただければ迅速に対応したいと思いますのでよろしくお願いします。






2.仲間作り



試験に向けて勉強していく上でどうしても伸び悩んだり、勉強する気がなくなったりと順風満帆には行かないと思います。そこで、このHPで薦めているのがネットでの友人作りです。今までも多くの合格者の方が、このHPで友人を見つけてやる気が倍増したという報告をいただいております。掲示板の投稿数は他の危険物のサイトに比べても少なくないですし、雑談室に投稿していただければ良き友人が見つかると思います。





3.過去問



受験者なら、誰でも気になる過去問ですが危険物の試験に関しては非公開です。ですが、当HPでは多くの協力者のおかげで過去問を用意できました。この過去問を解いて危険物の試験の雰囲気を味わえると思います。ただ、先輩方が提供してくれた過去問を使用するわけですから貴方も過去問を覚えてきたりこのHP運営に協力してください!!よろしくお願いします。過去問の入手方法は非公開の過去問ですから申し訳ありませんが多少手続きをしてもらいます。詳しくはこちら ※現在停止中





4.模擬試験



ほとんどの教材には1回から3回分の模擬試験が掲載されていると思いますが、もっと自分の力を試したいという方は多いと思います。そこで、あまり性能は良くありませんがCGIを使って模擬試験を作ってみました。出題問題はランダムですので何回やっても同じ試験にはならないようにしてあります、現在も徐々に問題数を増やしているので現在の自分の力を試してみてください!!   模擬試験





5.問題倉庫



問題倉庫では、今までメールマガジンで出題した問題及び自習室で受験者の皆さんが出題してくれた問題を保管してあります。教材を何冊も買うのはもったいない、お金がないという人は必見ですよ。問題は解きやすいようにプリントアウトすれば電車の中でも解けるし、落ち着いて問題に取り組めるのでお薦めですよ。問題倉庫の問題を使う際には、雑談室に投稿ください!!   問題倉庫






6.メールマガジン



このコンテンツは管理人泣かせですが・・・まぐまぐ様の協力を得て毎日問題を配信しています。なかなか社会人の方など忙しい方は毎日勉強するのが大変だと思いますが、メールマガジンを毎日解くことで忙しい日々の中でも少しずつ勉強できると思います。是非、登録してくださいね。またメールマガジンでは広告が掲載される事がありますが興味がある方はクリックしてくださいね  メールマガジン登録





7.自習室



勉強していく中で知識も増えてきます。そこで、自分で問題を作って投稿してみてください!!自分で問題を作るということは簡単ではなく出題する部分の知識がしっかりしてないとなかなかできないと思います。反対に考えれば、問題を作ることにより間違えてはいけないという責任も出てくるので誰でも慎重に問題の確認をすると思います。その確認が大事だと思います。一度自分で問題を出した分野というのはほとんどの場合忘れないと思いますよ。ですから、時間はかかると思いますが是非挑戦してみてください!! ※現在停止中






8.各分野の注意点




法令
: 法令はほとんどの人が危険物を勉強する際はじめに勉強すると思います。そんな背景もあり、法令で落ちるという人は少ないと思います。しかし、中には苦手という人もいますので、アドバイスするとやはり法令というのは危険物を取り扱う上でのルールですから、常識で考えておかしなルールというのはないと思います。なので『なぜこのように法で定めるのか』という事を常に頭に置きながら勉強すると頭に入りやすいと思います。

化学: 化学に関しては学生の受験者の皆さんは大丈夫だと思いますが、化学は10問しか出題されないので4問しか間違えれません意外と油断するとやられる分野ですのでしっかり確認してくださいね 社会人の方で学生時代化学を勉強してないという人は大変だと思いますが1つ1つ勉強していってくださいね。管理人として言いたいのは化学・物理に関しては油断するなということです。意外とこの分野で落ちる人も多いので注意ください

性質: 20問出題されるという事でいかに多くの知識があるかが問われると思います。最後に勉強する人が多く、すべての危険物を勉強しずに試験を受けてしまう人もいますが、絶対にそれは辞めてください!!教材に載ってない危険物なども出ますから教材に載っている危険物くらいは覚えていってください。最も時間がかかり、難関な分野ですが1つ1つ覚えていってください






9.最後に・・



この場を借りていろいろな事を書かさせていただきましたが、あくまでも個人的な意見ですので参考にされる方、されない方いろいろだと思いますが個人で判断ください。そして、最後に言わなくてはいけないこととして、危険物の試験はどれだけしっかり勉強したかだと思います。いくら良い教材を持っていても使わなければ意味がないですし、勉強時間が多くても知識として得れてなければ意味がありません。合格して、実際に危険物を取扱う場合、自分を守るのは自分の知識だという事も肝に銘じて合格するだけの勉強ではなく、自分を守るための勉強としてしっかりやってくださいね






 特別編 受験者から寄せられたお薦め勉強法




受験者の皆様は、それぞれ危険物を勉強する前の初期能力が違うと思いますし、勉強の進み具合も違うと思います。1週間で甲種危険物に合格された方もいれば、1年勉強しても合格できないという人もいます。個人差が大きい勉強時間については何とも言えませんが、今回は平均的は3ヶ月間で試験に向けて勉強する勉強スケジュールを紹介したいと思います。(もちろん、個人的な意見ですので参考までに・・)

まず、自分が受ける受験会場を日程などを考慮して決める→試験日程
               ↓
3ヶ月前    教材を決め購入する→教材紹介
         体験談を読み先輩の意見を聞く→体験談
         仲間を探しネットでの友達を作る→雑談室
               ↓
         法令、化学、性質の3つの分野をそれぞれ大まかに勉強し暗記する。
    (学生受験者は特に性質に、社会人の方は化学に注意して勉強してください!!
     もちろん自分の不得意分野はしっかりやってください)
               ↓
         問題集の問題を解きながらわからなかったところを暗記していく
               ↓
1ヶ月前    自分の教材をやり込んだら次にこのHPの問題を解きましょう→問題倉庫
                         ↓
2週間前    模擬試験で自分の力を確認する→模擬試験
         教材の細かい所までチェックする
               ↓ 
当日      試験時間はたっぷりあるのでゆっくり落ち着いて問題を解いてください!!

 

 提供:甲種危険物取扱者集会所