コロネーションコーヒー日記 吉田里美著
2006年&2007年
コロネーションコーヒー日記
2008年8月8日(金)
ありがとうございます。


 平和の祭典
 オリンピック。
 夢のような色彩豊かな
 北京での開会式が楽しみです。

 コロネーションでは、
 これからも 
 いろんな国の舶来品を大切に
 商いを続けて参ります。

2008年8月1日(金)
ほっとタイム


 空っぽの虫かごと

 棒付き網を持って

 探検ごっこをしていた

 暑い夏の日。

 夏のホットコーヒーは

 記憶の中へ

 わたしを誘う。

 元気になります。

2008年7月18日(金)
スマトラ マンデリンコーヒー

 
 ごろごろごろり


 大粒のマンデリンを手にする時

 この生豆の野性を

 強く感じます。

 焙煎したマンデリンの香りは

 目をつむっていても
 
 わかるのです。


 貫禄あります。

2008年7月11日(金)
ラテン音楽ピアノソロ シボネーSiboney


 目まぐるしい変化の中で

 ラテン音楽は

 忘れていた大切なものを


 思い出させてくれる。


 キューバに住んでいる

 インディオさんを慕うこの曲は

 キューバコーヒーへの
 
 憧れにつながります。

2008年6月27日(金)
  Let It Be  レット・イット・ビー


 コーヒーの匂いが
 
 染み付いたピアノは

 味がある。

 なるがまま

 音が鳴る。

2008年6月21日(土)
コーヒーと ロバくん

 ロバくんの背中に乗せて

 急斜面でコーヒーを運んでくれる。

 本当にありがとう。

 一度、イエメンにおじゃまして

 ロバくんに直接お礼が言いたいです。
2008年6月14日(土)
コシ・ファン・トゥッテ風よ、おだやかに(モーツァルト)


 甘酸っぱい

 ストロベリーチョコレートを

 食べながら

 コーヒーをいただく。

 スピーカーから流れてくる

 歌劇の歌声で

 わたしも穏やかになります。

2008年6月7日(土)
手まわしのグラインダーでコーヒー豆を挽きながら


 丸太小屋の中で

 スティーブンソンの宝島の朗読を

 聴いていると

 ヒスパニオーラ号の船員に

 なったような気分になります。

 コーヒーの匂いに

 酔ってしまいました。

2008年5月31日(土)
うれしい気持ち


 コーヒーのまっ赤な実が

 幾千もの生豆になって

 わたしのいる

 日本列島にやって来た。

 そのことを思うと

 眠れない

 眠りたくない

 眠たくない。

2008年5月25日(日)
モーニングコーヒー


 天気予報を見ていたら

 太陽さんが笑ってる。

 もうすぐ雨があがるみたい。

 水たまりに映る

 雲の動きが

 気になります。

2008年5月18日(日)
モーツァルト 弦楽四重奏曲 第14番 ト長調 K.387

 透き通る美しいコーヒーと
 
 タンニンとの関係は

 深遠である。

 コーヒーとの生活の中で

 発見することの多い

 目が覚める毎日です。

 コーヒーのエッセンスを

 モーツァルトの弦楽四重奏曲とともに

 学んでいます。

 
2008年5月12日(月)
休息


 ほのかにリンゴの香りがする

 カモミールを花瓶に挿す。

 夜になると

 カモミールの白い花びらが

 眠りに入ります。

 今日はコーヒーをお休みして

 わたしも眠りに入ります。

2008年5月6日(火)
エチオピアコーヒーブレイク


 わたしは走ることが好きです。

 でも、ゴール寸前で

 バタッ と転んでしまったりと

 強くありませんが、

 国土に高原地帯が広がるという

 エチオピアでおもいっきり走ってみたいです。
 

2008年4月28日(月)
春風とコーヒー


 竹むらを通る風や

 藤の花かげと遊ぶ風と一緒に

 ゆったりとした時間を過ごす
 
 季節となりました。

 香り高いコーヒーがよく似合います。

2008年4月22日(火)
ブラジルコーヒーに魅せられて


 ボサ・ノヴァの「カッカッカ」のリズムを

 ピアノで練習をしています。

 イパネマの娘の楽譜と にらめっこしても

 指が動きません.。そこで

 なんとなくリズムをハートで感じると

 すらっと 弾けました。

 「カッカッカ」
 

2008年4月15日(火)
おはじき遊び


 5種のガラスのおはじきには、

 1つずつ大切な意味がある。

 集中力を保ち

 自分で位置関係を作りながら

 綺麗に進めていく・・・・・

 明治生まれの祖母から

 教わった

 優しい兵法かな 

 今は一人コーヒーを飲みながら

 おはじきを楽しんでいます。

2008年4月8日(火)
花まつり


 20数年前の4月8日に

 車輪が付いた白い象さんの置物と

 一緒に歩いたことを思い出す。

 そして今、

 麻袋に象さんのマークの付いた

 コーヒー生豆がコロネーションにあります。

 永く続くわたしの道には、

 東南アジアへの感謝の旅も

 あります。

 

2008年4月1日(火)
紫のクリスマスローズ


 コーヒーを飲みながら

 読んで考える
 書いて考えている


 毎日。

 庭のお花と会話すると

 心が落ち着きます。

 紫の珠を抱くようです。

2008年3月25日(火)
幸福


 桜の花びらを

 今年も目にすることが

 できました。

 インターネットのお陰で

 コロネーションは桜と一緒に
 
 2008年を生きています。

 全国のコーヒー愛好家の皆様に

 コロネーションを受け入れて

 いただいて

 幸せです。

 ありがとうございます。

 これからもよろしくお願いいたします。


 

2008年3月18日(火)
めぐる日々の中で


 桜や藤の枝を友に

 こはく色のコーヒーを

 いただいていると

 春を待つ心が

 大きくなります。

 コーヒーを淹れる魅力です。


2008年3月11日(火)
コーヒーと ピカソを味わう


 ピカソの作品の中で

 波状のボール紙や

 籠などを使って製作した

 「縄飛びをする少女」を観ていると

 絵画製作の原風景に

 浸ります。

 飛んで・跳ねて ・リズムは

 本当に楽しいです。

 

2008年3月4日(火)
津島湊


 外に渦巻くコーヒー焙煎の

 煙に巻き込まれ、

 わたしの姿は

 子どもたちが

 鬼ごっこをして楽しく暮らす

 津島湊へ辿り着く。


 ねえさま こちら

 こっちだよ。

 津島はいつも元気です。


2008年2月26日(火)
 ブラックコーヒー BLACK COFFEE


 ペギー リーが歌う

 ブラックコーヒーには

 格別のほろにがさがある。

 香る記憶の面影は

 未だ消えない。

 永遠に・・・

2008年2月19日(火)
ショパンの華麗なる大円舞曲もいい


  テネシーワルツもいい。

  ブルーマウンテンコーヒーもいい

  サントスコーヒーもいい。

  味わいは、

  ほろほろと

  豊かに感じます。

 

2008年2月14日(木)
ギリシア ローマ神話ものがたり


 ホットコーヒーが恋しい

 寒い日は、お部屋の中で

 ヨーロッパの神話の世界へ訪れましょう。

 ケ セラ セラ

 ニケのように わたしに翼があるようです。

 夢じゃない
 
 夢みたい。

  

2008年2月7日(木)
お星さまのお菓子

 夜空を見上げて

 お星さまには手が届かないけれど、

 わたしには こんぺい糖がある。

 こんぺい糖とコーヒーを楽しみます。

2008年1月31日(木)
ひと休み


 くもり硝子に包まれて
 
 温かいコーヒーを飲むわたし。

 ゆったりしています。

 まるで繭の中にいる蚕になったようです。

 おひとりさまの時間です。

2008年1月22日(火)
我が心のジョージア GEORGIA ON MY MIND
 
 コーヒーにはR&B
  
 ソウルミュージックがよく似合う。

 寒さが身に凍みる夜は

 レイ チャールズの声が愛しい。

 揺れる想いでこころが暖かくなります。
2008年1月17日(木)
コーヒーの甘いアロマが、


 わたしが手にする
 
 デミタスカップから

 伝わってくる。

 時を刻むアンティーク時計の

  
 響きと共に・・・

2008年1月10日(木)
ペルーコーヒーを飲みながら・・・


 南米アンデス地方の
 ジャイアントコーンの
 サラダを口にした
 あのレストランを
 思い出す。

 陽気に歌って
 食べて楽しかった。

 寄り道しながら
 コーヒーと文化を
 いつも
 わたし流に
 学んでいるようです。
    

2008年1月2日(水)
あけましておめでとうございます

 冬のバラを見ながら
 いただく優しいコーヒーは
 安らぎと円熟を感じます。

 コロネーションコーヒー
 今年もよろしくお願いいたします。

コロネーションコーヒー通販ホームページ>>>